久しぶりの電話

「久しぶりに電話してきたと思ったらそんなことなの!」高校卒業以来疎遠になっていた友人から電話がかかってきた。友人だったと言ったほうが良いかもしれない。内容は、ある宗教団体の勧誘だった。久しぶりの電話に、嬉しくなった自分が負けたようで悔しい。

相手はその程度にしか思っていなかったということだ。乱暴に受話器を置くと、部屋にいた母が心配そうに話しかけてきた。「高校からの大切なお友達でしょ?仲直りしたら?あなたのことが心配で連絡してくれたのよ。」

私は、最近離婚したばかりだった。「宗教団体っておかしなところが多いけど、実際に宗教のおかげで救われた方達も大勢いるの。

親切心から紹介してくれたのよ。何もあなたを陥れようとしたわけじゃないのよ。」母の助言で、少し冷静になることができた。友人に電話をかけると、誤解させてしまい申し訳なかったと謝ってくれた。謝らなければならないのは私のほうだ。

一生の友人を失わずに済んだ。便秘解消パウダーはこちら